ジャパンネット銀行カードローン店舗はあるの?

5万借りる
ジャパンネット銀行の預金やカードローン店舗などの窓口は一切ありません。ジャパンネット銀行本店営業部が利用できますが、手数料が割高となりますので実際の利用者はごく限られた方たちのみとなっているのです。
また、カードローンは新規に申し込みを受け付けることをやめています。ジャパンネット銀行のローンを利用したい場合は、ネットキャッシングに申し込むことになります。ネットキャッシングを利用したい場合は、ジャパンネット銀行の口座が必要になります。
口座には便宜上の支店名などは設定してありますが、実際の店舗ではありません。もちろん借り入れなどを利用したいというときには、店舗ではなく提携のATMからキャッシングをするということになります。
提携ATMの利用はもちろん手数料がかかるのですが、ジャパンネット銀行が設定する条件を備えていれば手数料が無料になるようなサービスも充実しています。
ネット銀行と呼ばれるような金融庁が定義する新たな形態の銀行の特徴は、店舗の維持費を顧客へと還元していることにあるでしょう。そのため、店舗のある銀行に比べて預金口座に預け入れているお金につく利子は多く、借り入れ時の金利は低くなっているネット銀行がほとんどです。
今後サブとしての使い方ではなく、メイン銀行としての使い方も増えていくと予想されています。口座に加えてキャッシングの利用もネット銀行の上手な使い方ということができます。

関連記事

消費者金融の裏話

最近の大手消費者金融のテレビCMやホームページには大手銀行グループの名前がよく出てきます。

以前は専業大手消費者金融は6社と言われていましたが、貸金業法の改正以後は銀行に吸収されたり、銀行グループの傘下に入り、現在専業大手消費者金融として残っているのは「アイフル」のみになっています。

大手消費者金融が大手銀行グループの傘下に入るようになったのは、銀行は大手企業にお金を融資してその利益を上げていましたが、不況が続いたため減収が続き、そのため当時は莫大な利益を上げていた消費者金融のように小口金融に取り組みたいけれど、そのためには莫大な資金が必要になることや取り立てなども不得手なことから、消費者金融と手を組めばそういう心配もなくなるということから消費者金融を傘下に置くことを考えます。

消費者金融は、貸金業法の改正以後グレーゾーン金利の返還訴訟や、金利の引き直しなどで大手消費者金融や中小消費者金融などは倒産に追い込まれます。

また消費者金融という暗いイメージから脱却することや資金調達がむつかしくなったことから、銀行の豊富な資金が利用で計ないかと考え大手銀行グループとの提携を考えます。

このようにお互いの思いが一致したことから、大手消費者金融は大手銀行グループの傘下に入るようになりました。

裏話として知られているのが、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は大手消費者金融のアコムと提携することで現在のような即日融資が可能になったという話があります。

関連記事